NPO法人すぎなみ環境ネットワーク

持続可能な社会を目指し、環境に配慮した生活をすすめる団体です

HOME活動レポート講座 ・講演会・観察会・見学会 >かんきょう講演会「プラスチック海洋汚染防止と私たちにできること」

活動レポート

「講座 ・講演会・観察会・見学会」活動レポート 実施の様子一覧

かんきょう講演会「プラスチック海洋汚染防止と私たちにできること」

                    ※プロダイバー・環境活動家  武本  匡弘 氏

 

開催日時:令和3年3月26日(金) 午後2時~4時

開催場所:環境活動推進センター  3階  講座室

講  師:プロダイバー・環境活動家  武本  匡弘 氏

参加人数:32名

 

新型コロナウィルス対策に基づき、参加者は20数名にしぼり、席をあけて着席。熱心にスクリーンを見つめながら、話しを聞き、質問もかなりいただいた。

プロダイバーとして42年間世界の海に潜ってきた講師の話は、ご自分の目で実際に見たこと感じたことなので、具体的でわかりやすかった。

地球環境問題(気候温暖化や海洋汚染等など)が私たちの毎日の生活のあり方といかに密接な関係があるか!わかる。

現状を知り行動を開始するとき、と認識を新たにしました。


>※当日のチラシはこちら

青いサンゴの写真

※美しかった沖縄の海 サンゴが生きていた頃

40年前にはサンゴ礁の海があった。20年前から白化が始まり、現在はサンゴのガレキ。

身の回りからプラスチックを減らす少しでも努力を

※プラスチックを使わない歯ブラシの写真

プラスチックを使わない製品が少しずつ作られている。利用してほしい。

世界の海の話を聞く 今や海はプラスチックのスープ

※質疑応答 会場の様子

海の中のプラスチックのうち、海底に沈んでいる細かいマイクロプラスチックが8割。ペットボトル等漂流しているのが2割。