NPO法人すぎなみ環境ネットワーク

持続可能な社会を目指し、環境に配慮した生活をすすめる団体です

HOME活動レポート自然に学ぶ >武蔵野の湧水池~秋の殿ヶ谷戸庭園を訪ねて

活動レポート

「自然に学ぶ」活動レポート 実施の様子一覧

武蔵野の湧水池~秋の殿ヶ谷戸庭園を訪ねて

                         ※雨の中の園内散策

開催日時:令和元年11月22日(金)午前10時~12時
開催場所:都立殿ヶ谷戸庭園(国分寺市南町2-16)
講  師:自然観察の会・杉並

区の環境登録団体である「自然観察の会・杉並」企画の講座です。
実施日当日は朝から雨で、段差で滑ってケガすることのないよう注意しての園内散策となりました。
殿ヶ谷戸庭園は、国分寺崖線の段丘の連なりにできた谷を利用した回遊式庭園で、四季折々の山野草が生息し、園内の紅葉亭からは見頃のイロハモミジの紅葉を見渡すことができました。
この庭園は「モッコクの庭」と言われるだけあって、モッコクが数多く植えられています。元三菱財閥の別邸だったことでモッコクの葉が三菱マークの三枚葉に剪定されているとの興味深い話などを聞くことができて、満足のいく見学会となりました。


※回遊式庭園

※段丘に建つ紅葉亭(茶室)