NPO法人すぎなみ環境ネットワーク

持続可能な社会を目指し、環境に配慮した生活をすすめる団体です

HOME活動レポート講座 ・講演会・観察会・見学会 >ラップの芯で作るレジ袋ハンガー

活動レポート

「講座 ・講演会・観察会・見学会」活動レポート 実施の様子一覧

ラップの芯で作るレジ袋ハンガー

開催日時:平成29年8月29日(火)
     午後1時30分~3時30分
開催場所:杉並区立環境活動推進センター 3階 講座室
参加人数:12名
 
このレジ袋ハンガーは、袋を50枚~70枚くらいかけられて、その中で大きさを選んで、1枚ずつスーッと抜けられるところが優れワザだと思います。

作り方1

まず、ラップの芯を半円に切り、その半分の半円を筒状にして芯を作ります。
その芯に、包装紙などで貼り付けます。

作り方2

残りの半円の外側に包装紙を貼ります。全体に紙を貼る際には、ボンドとのり1対1を混ぜるのがコツだそうで、伸ばしやすくきれいに貼れます。

作り方3

ひもを通し、最後に端を「はた結び」をすると、結ぶこぶの大きさで、糸を繋いだ箇所が、外観的にも目立ちにくいことはもとより、結びの強度も高いことから、よく使われる結び方です。

完成品

完成品が、このようになります。キッチンで重宝する「レジ袋ハンガー」を永年、講師の先生のお宅で愛用されています。
この機会に、ぜひお試しください。